アートメイクをキレイに除去したいなら

デザインが気に入らなくなったアートメイクを除去するには

近年、男女問わず、ファッション感覚でタトゥーや刺青などのアートメイクを入れられる方が増える一方で、お子様の受検や家族旅行で温泉やプールに入れないなどの事情で除去したいと考えるようになる方も増えています。
また、女性の中にはより気軽な感覚で、刺青という感覚もなくお顔に入れる方が少なくありません。
毎日のメイクが面倒、すっぴんでも輪郭の整った綺麗なマユをキープしたいなどの理由で、アイラインやマユをデザインしたアートメイクが人気になっているためです。
もっとも、マユや目元のメイクは流行があるとともに、年齢を重ねて合わなくなったり、自分の好みが変わってくることもあります。
中には希望のデザインと違ってしまった、カッコ悪いなどと失敗したと後悔されている方もいるかもしれません。
朝のメイクを楽にするという気楽な気持ちで入れたアートメイクであったとしても、一度入れたものを除去するのは実は簡単ではありません。
メイクをクレンジングするように、ご自身で気軽に消せるものではないので、基本的には美容整形外科や美容皮膚科、形成外科などで、消すための特殊な技術や医療機器を持っているドクターに相談する必要があります。
つまり、意外に手軽に入れられるのに消し去るのは技術や費用もかかり、時間もかかります。
除去の施術実績豊富で、納得のいく状態にクリアできるクリニックやドクターを探すのがおすすめです。

アートメイクの除去したい人は、評判の神成美容外科に相談してみてはいかがでしょうか

レーザー照射が一般的

メイクにこだわりがある女性や、朝のメイク時間を短くしたい、すっぴんでも顔を整えたいといった女性が気軽に入れがちなアートメイクですが、マユやアイラインなど目元のメイクは時代ごとのトレンドもあり、入れた当時はカッコいい、お洒落と思っていた形や色が数年も経たないうちに時代遅れなものになってしまうことが少なくありません。
つまり、その時は満足していたのに、少し経ってから失敗した、入れなければよかったと後悔される方が少なくないのです。
除去するための方法としては、手術などの侵襲度の高い方法より、医療レーザーを用いる除去法が一般的となっています。
この原理としては、アートメイクに使われる色素がレーザーに反応して、レーザーを照射するたびに少しずつ薄くなっていくという方法となります。
一度の照射で一回で除去するのは難しいケースが多く、何回か通院する必要が出てきます。
それでも、本格的な刺青の色素成分に比べれば、比較的少ない回数でほぼ元の肌と違わない状態までクリアにすることが期待できます。
Qスイッチ・ルビーレーザーやQスイッチ・ヤグレーザーという医療機器が活躍しており、様々な色に対応できるという利点があります。
状態にもよりますが、よくあるケースとして1ヶ月から1ヶ月半または2ヶ月ほどの間隔で、3回から5回ほどの照射治療を行うことで、色素を薄くしていけます。
瞼のきわのようなデリケートな部分の施術では、レーザー治療専用の厚手で色のついたコンタクトレンズを装着したうえで、レーザーが目に直接当たることがないよう保護しながら施術が行われます。

施術後の状態や対処法

レーザーを照射すると一時的に濃くなったように感じることもあります。
ですが、通常はそのまましばらく我慢しているとしばらくすると、かさぶた状になってポロリと落ち、新しい皮膚が再生することで少しずつ薄くなるという仕組みです。
初めてレーザーを照射する際は痛みを感じたり、施術後に赤くなったり、腫れてしまうこともありますが、回数を重ね色素が次第に薄くなっていくと、痛みや腫れも軽減していきます。
施術後には処方された軟膏を塗ってケアすると、数日で炎症も収まってきます。
なお、内出血などが生じた際もメイクでカバーすることができ、気になるかさぶたもメイクで分からなくすることができるレベルですので、日常生活を送りながら、除去施術を受けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です