時代や年齢トレンドの変化でアートメイクが合わなくなったら

アートメイクが時代や年齢トレンドに合わなくなるリスク

アートメイクは日ごろのメイクの手間や時間を省き、いつでも顔立ちをくっきり、美しく整えてくれる忙しい現代人には強い味方となる技術です。
もっとも、メイクは時代によって流行があるほか、TPOやライフスタイルによってメイクの仕方や色合いを変える必要が生じたり、年齢に伴いお顔立ちや髪色やボリュームが変化したり、ヘアスタイルを大きくチェンジした場合などにはメイクを変えたほうがしっくりくる場合が少なくありません。
ですが、一時的なトレンドに合わせる形で太く濃いアイブロウを入れてしまったり、どうせ施術を受けるなら、なかなかとれないくっきりとした濃いマユがいいなどとデザインを入れてしまうと、流行が変わったり、ヘアスタイルや髪色が変わったり、好みが変わった際に困ることになります。
この点、薄めや細めに入れている場合には、トレンドに合わせて太目にしたければ、メイク用品のアイブロウなどを使って足すこともできますし、髪色の変化に合わせて色を補正することも可能です。
ですが、太い、長い、濃いという場合にはメイク用品での補正が難しい場合や手間がかかる場合が多くなり、元の状態に戻したいと考える方や、デザインを変更したい、色を変えたいと考える方が増えてきます。

デザインや色合いに気をつけて失敗を防ごう

気分転換や流行に合わせて髪色を茶髪や金髪にしたり、加齢などによって白髪が増えてきたリ、白髪を誤魔化すためにブラウンやシルバー系、パープル系に髪色を染めたりしたくても、アイブロウが真っ黒で太く入っていると全体のバランスが悪くなり、アイブロウが目立ってアートメイクを入れていることが露骨に分かってしまいます。
そのため、本来、流行が変わりやすく、顔のパーツでも目立ちやすいアイブロウは少し控えめに入れておくのがポイントですが、それを無視して入れ過ぎると後で悔やんだり、失敗したと思うことになりかねません。
リップやオプションで入れる方も多いアイシャドウの場合も、色は抑えめでベーシックな色合いにしておくのが賢明です。
アイシャドーやリップは季節やその日の服装に合わせて色を変えるのがお洒落なほか、TPOにも合わせたいパーツです。
たとえば、お葬式があった際に真っ赤な口紅やバブル時代のような派手で太く濃いアイシャドウなどをしていっては常識外れと思われてしまいます。
薄く施し、それをベースにメイク用品で調整ができる程度にアートメイクを入れれば後々の後悔や失敗もありません。
ですが既に入れてしまって失敗をしたという場合には、薄れるのを我慢して待つか、毎日時間をかけてでもメイクでどうにか誤魔化すか、美容皮膚科や美容外科でレーザー治療や皮膚の切除術を通じてクリアにする方法も考えられます。

アートメイクで肌トラブルが発症した場合

デザインや色合いなどの失敗や後悔のほか、体質的にアートメイクが合わなかったなどの理由や施術のトラブルで、腫れや化膿が続いて見た目にも困った状態になったり、痛みが続いて悩む方や、金属アレルギーや色素アレルギーが施術によって突発し悩まされるケースも少なからずあります。
事前に相談したり、診察を受けたりしても、実際にやってみて初めて生じるアレルギーや症状もあり、100%の安全性はないのが現実です。
肌トラブルが生じた場合の対処法は、除去よりも、まずは専門の医師に診察を受け、皮膚トラブルの改善や回復のための治療が求められます。
痛みや膿、腫れなどの炎症が納まった段階で、その時のアートメイクの残り方や皮膚トラブルとの関係によってレーザー治療や切除手術を行うことになります。
レーザー治療はお肌の炎症が強いとできないことが多く、また、色が薄れていると色素に反応せず効果がでないため、どのような対処をするかは、医師によく相談しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です