0

最新のレーザー治療で合わなくなったアートメイクを除去

除去の方法や種類

アートメイクの除去法としては、レーザー照射によって徐々に薄くしていく方法と、電気メスを使って皮膚の切除を行う方法が代表的です。
レーザー照射はより深くまで色が入り込んでいるタトゥーの除去にも用いることができるので、浅く薄く入っているアートメイクなら、より回数や手間も少なく除去が期待できます。
ただし、逆に色が薄すぎてレーザーが反応しない場合もあり、その場合には皮膚切除術を選ばれる方もいます。
タトゥーにおいても早期に除去したい希望がある方が行う切除術には、単純に切り取る手術や、電気焼灼術、冷凍療法、皮膚剥皮術などがありますが、通常の技術ではどうしても傷跡が残ってしまいます。
これに対して、QスイッチYAGレーザーやアレキサンドライトレーザーといった最新のレーザーマシンの施術ができれば、皮膚表皮層に損傷を与えず薄れ、傷跡が残る心配もほぼありません。
また、従来のレーザーマシンでは青や黒といったタトゥーに代表的な色の除去はできても、それ以外の色素には反応しにくい面もありました。
これに対して、QスイッチYAGレーザーは2つの波長を有している高性能機器であるため、黒や青だけでなく、アイブロウなどに用いるグラデーションなど多様な色彩に対応が可能で、アイシャドウに用いる650nm波長帯は緑、585nm波長帯はスカイブルーなどにも反応するようになっています。

レーザー治療のメリット

レーザー治療のメリットとしては切除手術に比べると肌への負担を最小限に抑えながら、時間はかかっても徐々に薄くすることが可能な点が挙げられます。
皮膚が厚い部分や奥まで色素が入り込んでいたり、レーザーに反応しにくい色や既に薄くなってしまった部分には効果が期待できない側面がありますが、医師による判断で対応可能と診断された場合にはレーザー治療を優先的に検討したほうがいいでしょう。
適切な照射を行えば傷跡はほぼ残りませんが、過度のレーザー照射は肌質を変化させたり、火傷や脱毛などの原因になります。
照射間隔が的確でないと照射部分の色素が抜けて白くなってしまう色素脱失や皮膚が厚く腫れあがる肥厚性瘢痕、火傷のようなケロイドなどの肌トラブルのリスクがありますので、専門性が高く経験豊富な医師のもとで、適正な時間と期間をかけて焦らず行いましょう。
1回の施術時間はパーツや範囲によっても異なりますが、数分程度で終わることも多く、その代わり治療期間は約2~3ヶ月間隔で2回から3回程度が一般的となります。
何度も通うのは面倒、1回でスッキリ除去したいと一度に大量や継続的にレーザーを照射しても肌トラブルの原因や思うような効果が出ないだけですので、医師の指示に従って焦らずじっくり取り組みましょう。

数回に分けたレーザー照射が必要になるのは

レーザー照射による除去は一度の施術ではなく、数回に分けて行われるケースが多い理由は肌トラブルの防止の側面だけではありません。
レーザーの照射により色素が破壊されて微細な粒子となった後も、それは皮膚内にとどまっています。
体内にある免疫細胞には異物を排除する性質がありますが、破壊された粒子は免疫細胞の働きで、約2ヶ月~3ヶ月かけてゆっくりと排出されていきます。
破壊された粒子が代謝によって完全に除去されるまでの期間に合わせて、薄くキレイになるまで数回に分けて継続的なレーザー照射を行うことで、より効果的かつ着実な除去効果が期待できることになります。
数か月のスパンを開けることに抵抗を感じる方もいますが、レーザー照射を行うと約2ヶ月ほどの間、レーザー照射による色素沈着が起こり、この期間に再び照射を行えば色素脱失や肥厚性瘢痕、ケロイドが生じやすくなるだけでなく、レーザー照射により破壊された粒子が完全に体外に排出された段階で、再びレーザー照射をするほうが、結果的に治療回数が少なく済み、治療期間の短縮につながるのです。

 

0

時代や年齢トレンドの変化でアートメイクが合わなくなったら

アートメイクが時代や年齢トレンドに合わなくなるリスク

アートメイクは日ごろのメイクの手間や時間を省き、いつでも顔立ちをくっきり、美しく整えてくれる忙しい現代人には強い味方となる技術です。
もっとも、メイクは時代によって流行があるほか、TPOやライフスタイルによってメイクの仕方や色合いを変える必要が生じたり、年齢に伴いお顔立ちや髪色やボリュームが変化したり、ヘアスタイルを大きくチェンジした場合などにはメイクを変えたほうがしっくりくる場合が少なくありません。
ですが、一時的なトレンドに合わせる形で太く濃いアイブロウを入れてしまったり、どうせ施術を受けるなら、なかなかとれないくっきりとした濃いマユがいいなどとデザインを入れてしまうと、流行が変わったり、ヘアスタイルや髪色が変わったり、好みが変わった際に困ることになります。
この点、薄めや細めに入れている場合には、トレンドに合わせて太目にしたければ、メイク用品のアイブロウなどを使って足すこともできますし、髪色の変化に合わせて色を補正することも可能です。
ですが、太い、長い、濃いという場合にはメイク用品での補正が難しい場合や手間がかかる場合が多くなり、元の状態に戻したいと考える方や、デザインを変更したい、色を変えたいと考える方が増えてきます。

デザインや色合いに気をつけて失敗を防ごう

気分転換や流行に合わせて髪色を茶髪や金髪にしたり、加齢などによって白髪が増えてきたリ、白髪を誤魔化すためにブラウンやシルバー系、パープル系に髪色を染めたりしたくても、アイブロウが真っ黒で太く入っていると全体のバランスが悪くなり、アイブロウが目立ってアートメイクを入れていることが露骨に分かってしまいます。
そのため、本来、流行が変わりやすく、顔のパーツでも目立ちやすいアイブロウは少し控えめに入れておくのがポイントですが、それを無視して入れ過ぎると後で悔やんだり、失敗したと思うことになりかねません。
リップやオプションで入れる方も多いアイシャドウの場合も、色は抑えめでベーシックな色合いにしておくのが賢明です。
アイシャドーやリップは季節やその日の服装に合わせて色を変えるのがお洒落なほか、TPOにも合わせたいパーツです。
たとえば、お葬式があった際に真っ赤な口紅やバブル時代のような派手で太く濃いアイシャドウなどをしていっては常識外れと思われてしまいます。
薄く施し、それをベースにメイク用品で調整ができる程度にアートメイクを入れれば後々の後悔や失敗もありません。
ですが既に入れてしまって失敗をしたという場合には、薄れるのを我慢して待つか、毎日時間をかけてでもメイクでどうにか誤魔化すか、美容皮膚科や美容外科でレーザー治療や皮膚の切除術を通じてクリアにする方法も考えられます。

アートメイクで肌トラブルが発症した場合

デザインや色合いなどの失敗や後悔のほか、体質的にアートメイクが合わなかったなどの理由や施術のトラブルで、腫れや化膿が続いて見た目にも困った状態になったり、痛みが続いて悩む方や、金属アレルギーや色素アレルギーが施術によって突発し悩まされるケースも少なからずあります。
事前に相談したり、診察を受けたりしても、実際にやってみて初めて生じるアレルギーや症状もあり、100%の安全性はないのが現実です。
肌トラブルが生じた場合の対処法は、除去よりも、まずは専門の医師に診察を受け、皮膚トラブルの改善や回復のための治療が求められます。
痛みや膿、腫れなどの炎症が納まった段階で、その時のアートメイクの残り方や皮膚トラブルとの関係によってレーザー治療や切除手術を行うことになります。
レーザー治療はお肌の炎症が強いとできないことが多く、また、色が薄れていると色素に反応せず効果がでないため、どのような対処をするかは、医師によく相談しましょう。

 

0

アートメイクを除去したい場合の基本知識を知ろう

アートメイクを除去するスタンダードな方法

アートメイクをしたもののデザインや定着した色に不満があったり、メイクやマユの形のトレンドが変わったことで除去したい時や修正やデザインの変更をしたいと考えた場合には、レーザーを使うことで色を薄くしたり、ほとんど分からない状態まで消し去ることが可能です。
もっとも、レーザーには波長の違いなどの種類があり、色素の色に応じて最適な波長を選択することで、よりスムーズに薄くでき、希望に合った状態に戻せる期待が持てます。
レーザーによる除去治療を行っているクリニックなら何処で行っても同じではなく、医師の専門知識の豊富さや経験の多さ、技術の高さや実績によっても仕上がりが異なってきます。
というのも、色素の成分によってはレーザーを照射することで、黒色化が進み、かえって目立ってしまうリスクがあるためです。
また、なかなか薄くならないと何度も繰り返したり、無理に照射を希望すれば、皮膚に炎症が生じたり、レーザーの熱で火傷をしたような跡が残る場合もありますので気をつけましょう。
薄く目立たなくしたい、薄くしたいと思ったのにかえって酷くなったとなれば、より心も落ち込みますので、利用者からの信頼が厚く、しっかりとした専門性を持ち、適切なレーザー治療で希望に親身に対応してくれるクリニックを選びましょう。
医療アートメイク学会では専門のドクターを中心に効率的な消去方法について研究が行われており、定期的な勉強会なども行われていますが、学会でも研究が続けられている過渡期にあるため、その道の権威の医師や経験が十数年あるような医師に相談できると安心です。

 

アレルギー反応が出た場合

アートメイクを入れたことで、これまでは問題がなかった方も使用したニードルにより、金属アレルギーが発症して、デザインを入れた場所が化膿したり、痒くて仕方なくなるケースや、使用した色素が肌に合わずアレルギーで悩まされる方も中にはいます。
アレルギーが出たことで除去をして症状を落ち着かせたい場合や、膿や炎症の改善を希望される場合には、まずはアレルギー症状が落ち着くよう診察を受けましょう。
施術は通常、美容皮膚科などの医療機関で受けますので、アフターフォローもしてもらえますが、不安を感じた場合には施術を受けたのとは別の皮膚科で診てもらいましょう。
アレルギーの改善に効果が高い処方薬のステロイド外用剤を患部に塗って、まずは経過観察を図ってみましょう。
一般的なアートメイクは2年程度で次第に薄くなっていくように皮膚の表面に浅く入れているため、アレルギー症状の改善とともにデザインを入れた部分も薄くなり、お肌も落ち着いてきます。
気をつけたいのはステロイド外用剤の長期連用による合併症のリスクですので、定期的に皮膚科に通って、早く治したいと塗り過ぎたりせず、症状の改善とともに量の減少や一時的な使用中止などを行う必要があります。
炎症が落ち着いてきた段階なら、レーザーによる除去治療も可能です。
ただし、通常のQスイッチレーザーに加えフラクショナルレーザーを併用する方法がおすすめです。
フラクショナルレーザーには小孔を通じて色素を体外へ排出できる作用があるため、よりスムーズな治療が期待できるためです。
もっとも、炎症が強く病変が肥厚している状態ではレーザーが色素まで届けず薄くならない場合もあり、この場合は皮膚の切除術による除去も選択肢に挙がります。

年齢の壁

若い方の中にはタトゥーやアートメイクをファッションの1つと思い込み、医療行為だとは知らずに無資格者から施術を受けたり、法律が緩やかな海外で入れてしまうケースもあります。
日本では無資格者による施術は医師法違反であり、18才未満に施術を行えば青少年保護育成条例違反となります。
レーザーによる除去を希望する方の中には、18歳未満で入れてしまい大人になってからデザインに後悔したり、就活に支障をきたして訪れる方もいますので、年齢を問わず後悔のないよう十分に検討してから施術を受けるようにしましょう。

0

アートメイクに不満がある場合の対処法

アートメイクは薄れても消えることはない

マユの形を美しくキープするアイブロウや、目力をアップさせるためのアイライン、唇を美しく色味をよくするリップのアートメイクをした場合、数年経過すると次第に色合いは薄れていきますが、完全に消えることはありません。
年齢を重ねて若い頃に希望したデザインや色合いに不満が出てきたときや、マユの形や太さなどのトレンドが大きく変わって、新しいトレンドに合わせたいという場合には除去したうえでご自身で再びメイクをするようにするか、新しいデザインへの修正やリタッチが必要になります。
除去するだけならデザインや色、入れ方にもよりますが、1回から数回のレーザー治療でとることができます。
一方でデザインを変えたいという場合には、現在のデザインから修正が効く場合と難しい場合や費用などがかさむ場合があるので、修正やリタッチの技術を持ち、実績豊富なクリニックやサロンを探して相談することがおすすめです。

アートメイクを修正リタッチ

アートメイクを修正したり、リタッチをする場合、デザインが変更できるかは元のデザインと新しいデザインの違いにもよります。
たとえば、細いマユから太いマユへのリタッチは行いやすいですが、まだ太いマユのラインが大きく残っている段階で細いマユにするには除去の作業が必要など、どのように修正をかけていくかが問題となります。
大きく描いたリップを小さくするより、小さく描いたリップを大きくするほうが簡単です。
また、アイラインは黒でくっきりと入れているものを薄くするよりは、ブラウンなどで薄く入っている状態や目頭や目元に少しだけ入れている状態を増幅させるほうがリタッチはしやすくなります。
現在のデザインに不満があって、まだ色も薄れていない状態でリタッチを行いたいという方は、今度こそ失敗しないようによくデザインの相談をするとともに、それを本当に実現できる技術があるのか、担当のドクターや看護師のこれまでの実例写真や実績の確認や口コミや体験談などでしっかりと確認して臨みましょう。
失敗時に経験があるように、デザインは納得が行ったのに、実際に施術を受けたら思ったイメージと違うということもあるからです。
失敗したのではなく、トレンドが変わってデザイン変更を希望される方は、今後のトレンドの行く先も踏まえてリタッチの方向性をよく検討しましょう。
短期で終わってしまうトレンドを追い続けて、そのたびに変更するのは肌への負担や時間や費用面でも負担も大きくなりますから、トレンドに合わせつつも長く楽しめるデザインや、年齢を重ねても違和感のないデザインを検討するなど、よく考えて臨むことが大切です。

 

アートメイクの除去

修正やリタッチが難しいと判断された場合や、いったんリセットしたいという方、アートメイクより自分で流行や年齢に合わせてメイクをしたほうがやっぱり楽しくていいと感じられた方は、除去する方法が選択できます。
除去の方法はレーザーを照射する方法が一般的で、これは医療行為となります。
そのため、専門のドクターと専用の医療レーザー機器を有する美容整形外科や美容皮膚科などに相談をしましょう。
治療自体はそう大変なものではなく、カウンセリングを行って肌の状態を確認し、肌質などからレーザー治療を行うことに問題がなく、除去が可能なデザインや色であると判断されれば、カウンセリング当日でも実施できます。
レーザーは長時間照射できるものではなく、1回の施術も5分から10分程度で終了します。
1回でとれるかはその箇所や幅、量や色の入れ方にもより、アイブロウの場合は一般的に3回程度、中には5回程度、アイラインの場合は1回から2回、リップの場合は2回程度からが目安となってきます。
回数や費用が気になる方は、事前によく確認をしましょう。

0

アートメイクをキレイに除去したいなら

デザインが気に入らなくなったアートメイクを除去するには

近年、男女問わず、ファッション感覚でタトゥーや刺青などのアートメイクを入れられる方が増える一方で、お子様の受検や家族旅行で温泉やプールに入れないなどの事情で除去したいと考えるようになる方も増えています。
また、女性の中にはより気軽な感覚で、刺青という感覚もなくお顔に入れる方が少なくありません。
毎日のメイクが面倒、すっぴんでも輪郭の整った綺麗なマユをキープしたいなどの理由で、アイラインやマユをデザインしたアートメイクが人気になっているためです。
もっとも、マユや目元のメイクは流行があるとともに、年齢を重ねて合わなくなったり、自分の好みが変わってくることもあります。
中には希望のデザインと違ってしまった、カッコ悪いなどと失敗したと後悔されている方もいるかもしれません。
朝のメイクを楽にするという気楽な気持ちで入れたアートメイクであったとしても、一度入れたものを除去するのは実は簡単ではありません。
メイクをクレンジングするように、ご自身で気軽に消せるものではないので、基本的には美容整形外科や美容皮膚科、形成外科などで、消すための特殊な技術や医療機器を持っているドクターに相談する必要があります。
つまり、意外に手軽に入れられるのに消し去るのは技術や費用もかかり、時間もかかります。
除去の施術実績豊富で、納得のいく状態にクリアできるクリニックやドクターを探すのがおすすめです。

アートメイクの除去したい人は、評判の神成美容外科に相談してみてはいかがでしょうか

レーザー照射が一般的

メイクにこだわりがある女性や、朝のメイク時間を短くしたい、すっぴんでも顔を整えたいといった女性が気軽に入れがちなアートメイクですが、マユやアイラインなど目元のメイクは時代ごとのトレンドもあり、入れた当時はカッコいい、お洒落と思っていた形や色が数年も経たないうちに時代遅れなものになってしまうことが少なくありません。
つまり、その時は満足していたのに、少し経ってから失敗した、入れなければよかったと後悔される方が少なくないのです。
除去するための方法としては、手術などの侵襲度の高い方法より、医療レーザーを用いる除去法が一般的となっています。
この原理としては、アートメイクに使われる色素がレーザーに反応して、レーザーを照射するたびに少しずつ薄くなっていくという方法となります。
一度の照射で一回で除去するのは難しいケースが多く、何回か通院する必要が出てきます。
それでも、本格的な刺青の色素成分に比べれば、比較的少ない回数でほぼ元の肌と違わない状態までクリアにすることが期待できます。
Qスイッチ・ルビーレーザーやQスイッチ・ヤグレーザーという医療機器が活躍しており、様々な色に対応できるという利点があります。
状態にもよりますが、よくあるケースとして1ヶ月から1ヶ月半または2ヶ月ほどの間隔で、3回から5回ほどの照射治療を行うことで、色素を薄くしていけます。
瞼のきわのようなデリケートな部分の施術では、レーザー治療専用の厚手で色のついたコンタクトレンズを装着したうえで、レーザーが目に直接当たることがないよう保護しながら施術が行われます。

施術後の状態や対処法

レーザーを照射すると一時的に濃くなったように感じることもあります。
ですが、通常はそのまましばらく我慢しているとしばらくすると、かさぶた状になってポロリと落ち、新しい皮膚が再生することで少しずつ薄くなるという仕組みです。
初めてレーザーを照射する際は痛みを感じたり、施術後に赤くなったり、腫れてしまうこともありますが、回数を重ね色素が次第に薄くなっていくと、痛みや腫れも軽減していきます。
施術後には処方された軟膏を塗ってケアすると、数日で炎症も収まってきます。
なお、内出血などが生じた際もメイクでカバーすることができ、気になるかさぶたもメイクで分からなくすることができるレベルですので、日常生活を送りながら、除去施術を受けることができます。